So-net無料ブログ作成

田中一村展へ [お出かけ]

田中一村展へ行ってきました。
本当は日曜美術館で取り上げる前に行きたかったのですが、日程が合わず今日に。
テレビ効果もあってか千葉市美術館という場所にもかかわらず、大混雑でした。
図録も売り切れだったし。

P1030918.JPG


皆さんは田中一村と聞いてどのような絵を思い出されますか?


私は今回の日曜美術館は残念ながら見ておらず、
以前に日曜美術館で取り上げられた時の絵
奄美に移住してしてからの絵しか知りませんでした。
そう
日本のゴーギャンなどと言われている田中一村しか。


でも今回は「新たなる全貌」と銘打って
近年新たに発見された資料など約250点が展示されて
過去最大規模の展覧会となったそうです。

若干5歳で描いた作品も立派に表装され作品として確立されています。

でも
奄美のモダンデザインのような作品しか知らなかった私には
花鳥風月の繊細な日本画を描いていることに驚かされました。
20歳前後の作品に晩年の作品の影が見え隠れするような気がします。
ちょっと強い黒をグニグニと用いた縦に長い強烈な絵たち。
でも後援者たちには不評だったようです。
神童と呼ばれた彼が自分を探し始めたのではないでしょうか。

一村は誰にも師事しなかったそうです。


千葉に住み、千葉の風景を沢山描き、その頃描いた川端龍子主催の青籠展に入選。
その絵は

20100920200320.jpg


美しいだけでない「かたち」が見えると思います。


その後中央画壇の展覧会に落選し続け、絶望の果てに奄美に何かを見つけ移り住むのです。

そして

彼の本当の才能が開花する。

P1030932.JPG


P1030933.JPG


P1030923.JPG


P1030924.JPG


P1030925.JPG




私もそんなイメージの着物です。


P1030916.JPG

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 4

itomaki

いつも素敵ですね。着物もですが、内容も、です。
by itomaki (2010-09-20 22:59) 

yuka

田中一村は画材の費用を貯めるため、大島紬を織る仕事をしていたそうですよ。
by yuka (2010-09-21 01:23) 

madamM

itomakiさんコメントありがとうございます。
お褒めいただいて恐縮しちゃいます。キモノはいつも衿が左右で違う幅になっちゃうし、恥ずかしい限りなんです。絵は色彩の勉強にもなりますよね。キモノ目線です(笑)
by madamM (2010-09-22 23:10) 

madamM

yukaさんご訪問&コメントありがとうございます。
そうなのですよね。キモノに携わってたのです。でも織りじゃなくて、一村の奄美時代の絵柄の染めキモノが欲しいです(笑)
by madamM (2010-09-22 23:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。