So-net無料ブログ作成
検索選択

東京デザイナーズウィークへ [お出かけ]

まこもちゃんとYさんにお誘いいただいて、
東京デザイナーズウィークの中央会場に行ってきました。

P1050859 (400x300).jpg


外苑前の銀杏並木を奥に進むと

P1050861 (400x300).jpg


看板が見えます。

私とまこもちゃんは10本指にネイルアートしていたのでなんと「ネイルアート割引!!」

ごめんねYさん。

会場は屋内のデザインテント展と屋外のコンテナ、屋外展示
プロや企業のブースや大学、専門学校、若きアーティストなど各種数えきれないほどの展示です[ぴかぴか(新しい)]

P1050866 (400x300).jpg


P1050876 (400x300).jpg


ひとつひとつじっくり見ていると一日かかっても見きれないかもです[ひらめき]

P1050872 (400x300).jpg


P1050865 (400x300).jpg


P1050878 (400x300).jpg


オブジェ的なものもありますし
参加型の、画像を撮ってネットで配信ていうスタイルも多かったかな。


その一つで印象的だったもの。

P1050869 (400x300).jpg


正面のパソコンに簡単な質問が現れて、ブースに入った人がその質問に答えます。
そうすると
そこで使われたひらがなの文字が大きくなっていくというのです。

日本にはゐゑと言うワ行の文字が既に失われています。
それと同じように使われない文字はちいさいまま…
いつか失われてしまうのかもしれません

というもの。

おもしろい…というかその視点が興味深い。


もう一つは、ちょっと見づらいですがこの画像

P1050870 (400x300).jpg


ある小説を書いたものなのですが、
この企画関してのツイッターでつぶやかれた言葉(だったか文字だったかはっきりしませんごめんなさい)のみ現れてきているのです。

所々「   かなしい   です。」なんて空いているのは、空白の箇所の言葉がつぶやかれないから。

この状態でアーティストさんに「何という小説か当てた人はまだ一人しかいません」といわれて
俄然対抗心を燃やす私達(笑い)

文体、というか文末の優しい感じでピンときた私が「宮澤賢治ですか?」と聞いたら大正解。

そのあとは宮澤賢治の作品を片っ端から言いまくる私達。

書き出しが印象的とヒントをいただいて、まこまちゃん「擬音なんだ!」とするどい発言。

そこで3人で「風の又三郎だ!!!」

「どっどどどどうど」が「 っ   う 」でした[わーい(嬉しい顔)]

好きな街の背景で画像を撮って漫画風のアプリでアップロードも楽しかったし

海外のアーティストさんの手作り作品的なのものも楽しかったです。

P1050895 (400x300).jpg


外国人アーティストさんにモテモテの私達[揺れるハート]
一緒に写真を撮って欲しいのリクエスト多し。

やはり、外国の方々は、日本人の着物を素敵だと思ってくれるんですよね~。

結局ランチ後ずっとここで楽しんで一日過ごしました。




デザインウィークは11月5日までです。ウェブコチラ









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。