So-net無料ブログ作成

帯留め話は尽きることなく [着物]

昨日の記事の日から一週間。
またまた丸山さんにお会いする機会を得まして再び帯留の話。

先日は「ゆか里」さんのお話が多かったのですが
この日は丸山さんのお話。

帯留めの歴史や作家の話はもちろん
丸山さんご自身の好みやこだわりもお話してくださいました。

着物雑誌「七緒」に登場した時には、
富岡八幡宮の骨董市で掘り出し物を発見したという記事だったのですが

「そんなことは本当にあるのですか?」

という素朴な疑問。

私クラスの人間でも、年に一度あるかの掘り出し物。
丸山さんが「おお~!」と思えるようなものが、骨董市にあるのか?


あったそうです


骨董市で、他の道具類に交じって置いてあったボロボロになった煙草入れ。
飾りの部分も緑青がでて汚くなっていたそうです。

購入してお手入れしてみると、
有名な作家の、しかも、非常に「出来のいい」ものだったそうです。

「すごく嬉しかったなぁ~[ぴかぴか(新しい)]」とおっしゃる丸山さん。

丸山さん、私もその気持ちわかります!と

思わず手を取ってしまいま…せんでしたが

発見する喜び

やはり、ココが骨董市に惹きつけられるところなんですよね[ぴかぴか(新しい)]

まあ、コレ来てるかも~という目利きとしての勘は必要だとは思いますが
そういうこと、ホントにあるのですね。
丸山さんをして、ちょっと良いかな(=私達レベルなら素敵!)くらいなら
骨董市でも見つかるとのこと。
(じゃあ、私は何を見てるんだ~~~[もうやだ~(悲しい顔)])
アンティークモールのケースに並んでいる商品も、そんな出身のものあるようですよ。

ひとつだけ

フットワークが軽い!

は絶対条件。

めんどくさがっていると巡り会えないって何でも同じでしょうか。


丸山さん自身は本物より大きいものは好みでないそうです。
でっかい桜とか、実物以上の梅とか。
品がないからという理由。
なんかわかる気がする。

あと、モチーフの珍しさというより細工、仕事の技術の繊細さが重要。

細部にわたる細工の技術や、彫りのキレ、繊細さがポイントというところに
収集家としての丸山さんのこだわりを感じます。

私などは、着る人目線ですから「可愛い~」とか「このモチーフの着物に合わせたい~」
が選ぶ基準になってしまいます。



最近は帯留以外に小さな飾りのついた簪も集めているそうで
帯留め以上に面白い意匠のものがたくさんあるそうです。

小さな小さな「植木ばさみとペンチ」のついた簪。

植木屋さんのご主人が奥さんに送ったのでしょうか?
「おい、かかあ、ほれよ、ちょっと仕事引き受けたからよ。」
(なぜか、イメージは江戸っ子な感じになってしまいます)

市井の人間のちょっとした遊び心

東京が江戸だったころを思い出させるような職人の心意気。

小さな蓮は傾けるとゴマより小さな実がでる仕掛けになっていたり。

帯留め作家の仕事とはまた違う手わざの歴史が見えます。


贅をつくした精巧な金細工の帯留と
庶民の日常を彩る名もない職人の簪


どちらも話をお聞きしていると楽しくて楽しくて時間を忘れますし
日本の伝統や歴史にもっと触れたくなってきます。




この日のコーデは骨董市揃え。
川越の骨董市で買った紬は薔薇柄。
帯はボトル柄のハギレを仕立てたもの。

DSC_2038.JPG


帯留めも川越で買った「スズラン」モチーフです。


DSC_2037.JPG















nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

素敵な素敵な目利きの方に囲まれて帯留め談義 [着物]

カルタ会の記事を先に書いたので、日にちは前後しますが、
先日アンティークモールで田中翼さんとお話ししていると
そこにひょっこり来られたのが丸山さん。

そうです[るんるん]七緒で一躍着物女子にその名をとどかせた(?!)帯留めおじさん丸山さん。

お正月の骨董ジャンボリーでお会いして覚えていただいたのです。

「私、すごく欲しそうにしてました?」
とお聞きしたところ
「いやぁ~、そんなことないよ。」
とおしゃってくださったのですが、目が笑ってました。
きっと食い入るように見てたんだわ[あせあせ(飛び散る汗)]

そのまま立ち話をして、私と翼さんは「ゆか里」さんへ。
この日つけてた帯留は、年末にゆか里さんで買ったものなんです。
「つむぎや」さんという着物屋さんで
夕顔さんと丸山さんとゆか里さんが一緒に展示会してた時購入したので
ゆか里さんとお会いするのは初めて。
3人でこんな帯留が欲しいな~なんて(主に翼さん)話していたところ
またもや丸山さん登場。

帯留めに関するいろんな話。

見たことないモチーフの話だったり
売ってしまった帯留めで、今でも強烈に覚えているものの話をしてくださったり
スゴク楽しいひと時でした。



すっかり話に聞き入っていたので、着物姿など、撮るのも忘れていました。
帰りの駐車場のエレベーターで自分撮り。

怪しすぎる~~~[たらーっ(汗)]

DSC_1990.JPG


誰も乗っていなかったのでもう一枚。

DSC_1991.JPG


着物は翼さんとこで購入の薔薇結城。
翼さん、すごく気に入っていて売りたくないんだ~とかおっしゃてらしたクセに
せっかく着て行ったのに最初気づかなかったんですよ。

でも、

私もお気に入りの一枚です。

帯は薄いクリーム地にデコ風更紗。
骨董市で掘り返した中にあった地味~な大島風の羽織の羽裏でした。
帯揚げは、暮れに和裁士のMさんと一緒にギャラリー川野さんで買ったハギレ。
強めの赤×黒の縞にしました。

DSC_2037.JPG




そして、「ゆか里」さんで購入した帯留は雷鳥らしいです。

DSC_2038.JPG



かなり肉厚の白鼈甲に、蒔絵がほどこしてあって、照りもあり非常に状態が良いものです。

丸山さんの話の中でその日灯屋2さんに帯留持って行ったとおっしゃていたのですが

灯屋2さんのブログを拝見したところ
同じものと思われる雷鳥の帯留を発見。
いくつか作られたものなのでしょうね。

最近、催事の初日には出向くこともできず、素敵!と思っても手元に来ることがないので
ついつい帯留めに手を出しています。

これもまた皆さんの火がつくと大変なのでしょうけど…。

険しいぞアンキモ道。


タグ:帯留め
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

アンキモかるた会~私の着物 [着物]

今回は先生役でしたので、ちょっと「古典」で行こうと思っていました。
皆さんが百花繚乱になることは予想されていましたので少し落ち着いた感じで。


着物は青地に大きな白牡丹。さらささんで反物購入して仕立てていただいたものです。

5909813_1534802133_230large-1.jpg



5909813_1534874096_82large-1.jpg




この、クレヨンで描いた海のような青色。好きです。


帯は刺繍の兎。花に花を合わせなくなりました。でも、そうなると鳥とか兎とか更紗とか。
パターン化してしまうのが悩みです。
今回の兎の前柄は柘榴と栗なのでやや秋なのですけど…気にしないことにしました[あせあせ(飛び散る汗)]


5909813_1534802095_105large-1.jpg



お太鼓アップにしてみます。

5909813_1534874084_94large-1.jpg



これ、刺繍の見本布でした。無地の黒繻子の帯にお太鼓部分を接いでもらって
前柄だけはアップリケの要領で移してもらったのです。
兎の刺繍は結構、密で厚みもあります。





華やかなのは半襟だけかな?

5909813_1534874093_100large-1.jpg




絶対白無地の半襟の方なんていないと踏んでいたのですが、予想通り。
危うく白地に白刺繍にするところでした。
ピンクの牡丹の半襟で顔色を明るく見せようという魂胆です(笑)



最後に帯留。
なかなかする機会のない芝山細工の鼓。華やかなのですが、古典の風味が強いのです。
この牡丹の着物には似合うかと思います。


5909813_1534874101_238large-1.jpg



ただ、栗と合うかは問題です[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

これは川越の骨董市で3年位前に見つけたものです。
でも、それより前にも後にも芝山細工の帯留なんて骨董市で見たことありません。
パーツは剥がれやすいし、状態の良いものなどホントにないのでしょうね。


それを考えると池田重子先生の芝山細工の帯留は奇跡だわ。













nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

アンキモかるた会~細部まで華やか [着物]

一同勢揃いすると「ぱあ~っと[ぴかぴか(新しい)]華やぎます。


24679355_1534563090_205large-1.jpg


白い半襟の方一人もおらず…。

5909813_1534874140_184large-1.jpg


デコの可愛い小鳥だったり


5909813_1534874187_125large-1.jpg


5909813_1534874124_65large-1.jpg


もりもり刺繍花半襟[かわいい][かわいい][かわいい][かわいい]

蝶も飛び

5909813_1534874149_151large-1.jpg


小鳥も歌う

5909813_1534874126_57large-1.jpg


薔薇色の薔薇…。

DSC_2036.JPG


モダンなヘッドドレス


5909813_1534874104_199large-1.jpg


美しい髪の流れと簪


DSC_2035.JPG



はあ~お腹いっぱい、眼福とはよく言ったものだ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


明日は私の着物姿の記録。






nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

アンキモかるた会~垂涎アンキモたち [着物]

皆さんに一同揃い踏みでお会いするのは久しぶりでしたので

コーフンしました。


だって…だって…

DSC_2037.JPG



こんな感じで集ってるんですよぉ~~

ほら

DSC_2034.JPG


ほら

24679355_1534563134_250large-1.jpg


ほら

24679355_1534563191_102large-1.jpg


アンキモ好きならコーフンmaxではないですか?

六義園は花も紅葉もなかりけり、でしたが

心泉亭内は

DSC_2035.JPG


椿だって

DSC_2036.JPG


蒲公英だって。


DSC_2034.JPG


チューリップいっぱい[かわいい][かわいい][かわいい]





細部も見たくなりますよね?

でも

続きはまた明日[るんるん]
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

アンキモかるた会 [お出かけ]

第一回のアンキモかるた会は参加できなかったので、
第二回かるた会やりませんか?というたきこさんのお誘いに
「参加します~」と即答。

場所をたきこさんがあれこれ探してくださって、公共施設なのに
素敵な和室を借りてくださいました。

東京駒込、六義園の中にある心泉亭です。
桜や新緑のシーズンは開放してお休みどころにしているようなのですが

何しろ今は枯れ庭。
花も紅葉もなかりけり。

DSC_2031.JPG


駒込駅で待ち合わせをして寒空の中そそくさと向かうアンキモ女子たち。

DSC_2034.JPG



今回は趣向を凝らして(?!)
たきこさんから私に、なんと、古典講座してくれないかとの依頼が…。



仕事柄話をするのは慣れているのですが、皆さんを前に

どどどどどどうしよう~[たらーっ(汗)]

と思いつつ、

余興よねっ
と引き受けました。


DSC_2030.JPG


題して「大人女子のための和歌を3倍楽しむ方法」

単なる風景の歌だと思っていたものが実は熱愛の歌だったり、テクを知ってより味わおうだったり
という感じの話です。

その中で「瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ」(崇徳院)

をとりあげて、保元の乱の背景や崇徳院が讃岐に流されるいきさつなどを話したのですが


それ…まんまその夜の大河ドラマの話だったようです[あせあせ(飛び散る汗)]

私、大河ドラマを見ていないので全然知らなかったのですが
参加してくれたお友達が復習できたよ~[ぴかぴか(新しい)]と言ってくださって

汗でました~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

でも、皆さん私の大したことのない話に熱心に耳を傾けてくださって

当時のメンズ論やら、異性を惹きつけるテクニック論(笑)やら

でも

アンキモも同じよね~。はずしのテクとか、リズムが大切とか、縁のあるものを連想させる重ね方とか~。

さすが[ぴかぴか(新しい)]最後はアンキモに戻ってきました[揺れるハート]皆さんやっぱりアンキモに愛があります。

たきこさんが八天堂さんのクリームパンをオヤツに用意してくれて
それを食べ終えると満を持して百人一首の始まりです。

DSC_2027.JPG


対戦は4人ずつ。バラ置きでやりました。


こんな感じです!


DSC_2025.JPG


ホントは最初の一文字読まれたところで、パシッツ!といくはずなのですが

え~っとお~どこ~?[あせあせ(飛び散る汗)]という感じ。

せっかく下の句覚えていてもどこにあるのか探しまくるという事態でした(笑)
最後の方はさすがに覚えている人が圧倒的に有利で
たきこさんの一人勝ちでした(パチパチ[揺れるハート])

わたしは…というと

上の句の途中で下の句わかる有名どころは取れたものの
探して取るという行為に全く不向き(とろいってことです[バッド(下向き矢印)])
最後の知らない歌は全くと言っていいほどとれませんでした。

皆さん「きゃあ~これ絶対取りたかったのにぃ~!」とか
    「知ってたのに!知ってたのに!何ででてこなかったのかな~!」とか


  大興奮!!!!


楽しかったです。第三回もやりたいですね。

たきこさん色々ありがとうございました。

今回はYさんに画像を沢山いただけましたので、皆さんの美しいお着物姿もご紹介しますね。



…といってもそれは次回のお楽しみということで。







nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バレンタインはビーズ作り [コモノ]

何故、バレンタインはビーズ作りかというと…

今、バレンタインは女子が友達同士で手作りチョコを一緒に食べる日になっているからなんです。

今年、女子クラスになった娘は、クラス全員分+部活友+旧クラス友の友チョコを作ることに…。

少し前からあれこれ試作品を作り、
結局、大量に作るのはクッキーしかないという結論になって
朝8時ころから作りだし、結局夕方6時過ぎまでオーブン使いっぱなしでした。

その間、緊急時出動のため(笑)何となくリビングに待機していた私は
ビーズ作りを久しぶりにしたということです。


パーツだけ買っておいた春物完成。

DSC_1977.JPG


その他、チョコイメージのピアスとか、これは撮影用?という大きさの帯留とか
なんやかんやで一日中ビーズ作ってました。

連休も着物着てないので着物記事が書けません。

そうそう夫ちゃんがインフルエンザになってしまい、
しかもタミフルの副作用でショック状態(動悸、頭痛、吐き気)で熱が下がらず
結局先週ずっと会社をやすんでたんです。
それも、着物着てない理由のひとつ。


今週末には着物のお出かけ予定が入ってるので、着物記事アップできると思います。
それまでは、つなぎ (?!)の手作り記事書きます。
タグ:ビーズ
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

キモノでランチ会~キモノ [着物]

この日私が着て行ったのは

明度の高い紫地に菊と橘の描かれた縮緬着物。

多分wingさんで最初に着用目的で買ったもの。
着用と言いつつ、可愛さに引っ張られてつい選んでしまったものなので
アンキモ友達に出会うまでは着たことがなかったのです。

DSC_1958.JPG


先日のまこもちゃんの色彩の渦見て、これに黒帯とか持ってくる気はさらさらなく
更に色を重ねてみました。

DSC_1960.JPG


帯はグリーンのトランプとパイプのモダン柄。
帯揚げもCHOKOさんの初期作品のコントラストの強い緑と紫を。



DSC_1961.JPG



さとゆさんはブルー地の縞に大人っぽい花の柄。

DSC_1962.JPG




しかし、さとゆさん…かわゆすぎる[ぴかぴか(新しい)]
着物姿は勿論、かわゆいのですが、話し方も、しぐさも、立ち姿も、髪のほつれ方まで可愛い。

って…才能でしょうか?それともDNAか?
うらやましい[ダッシュ(走り出すさま)]

一緒にいて、ずーっと見てられます。

楽しかったです。さとゆさんまたご一緒してください。




nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

キモノでランチ会 [お出かけ]

平日お休み組で新年会をという話をしていましたが
なかなか、曜日の調整がうまくいかず、
さとゆさんと二人でランチして銀ブラをということになりました。

さとゆさんが調べてくださったカフェはなんと「サンタ・マリア・ノヴェッラ教会」の薬局カフェ[ぴかぴか(新しい)]
「ジャッジャーロハーブハウス」でした。


まりご存じの方も多いと思いますが、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会は
イタリアフィレンツェにある、世界最古といわれる薬局を併設している教会です。
現在では教会と薬局は行き来できないので、正確には併設とは言いませんが…。

このカフェも薬局のコンセプト「自然治癒」と「予防医学」の考えをもとに
ハーブの薬効成分を取り入れたものになっています。



ランチはフルーツかサラダに、フォカッチャと食後のハーブティーがつきます。
ハーフ&ハーフもあるのでさとゆさんも私もそれにして、パロマの生ハムを追加。

DSC_1936.JPG


フルーツも甘くないサラダ仕立てで、前菜という感じです。


DSC_1959.JPG


サラダはふんわりと色々なハーブの香りがブーケになって香ってきます。
木イチゴや柘榴の実など彩も美しい。
千切りキャベツやちぎったレタスなどで底上げなどしておりません[わーい(嬉しい顔)]

食後のハーブティーはシナモンが主の何種類かのハーブブレンドの香り。

身体の内側から綺麗になるような気がしてくるランチです。



帰宅して、懐かしくなってイタリアの写真を探してみたら、ありました。




DSC_1963.JPG


DSC_1964.JPG


ファサードが印象的ですが
たしかマサッチョの「三位一体」が見たくて行ったのです。

まだ私も20代。
珍しくショートで、クルクルにパーマをかけていますね。
確か、美容師さんに「ヨーロッパの子供みたいにクルクルにしてください!」って
かなり無茶ぶりなリクエストをして、パーマかけてもらった時です。

この時はまだまだ薬局はそんなにメージャーな存在ではくて
何か買った記憶があるのですが、覚えてません[あせあせ(飛び散る汗)]

ルネッサンスが大好きで、
子供の頃大好きだったボッティチェリを見て感動して泣いちゃったイタリア。
マルチェロマストロヤンニが大好きで
フェリーニも大好きで
でも
ローマの休日も好きだから
やっぱりスペイン広場でアイスクリーム食べたイタリア。

DSC_1965.JPG



イタリアラブの気持ちがあがってきました[グッド(上向き矢印)]



















nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日でブログ4年目に突入です [記憶しておきたいもの]

DSC_1957.JPG



今日は立春。
まだまだ寒さの底ですが、立春を過ぎると着物も春を意識し始める…
気持ちだけでもすこ~し軽くしていきたいと思える日です。

3年前の立春にこのブログを書き始めました。


もともと書くことは大好きで、日記帳を誕生日にもらったことがきっかけで8歳から毎日(ほぼ)日記をつけていました。鍵つきのやつです[たらーっ(汗)]


それが…

信じられないかもしれませんが、
夫ちゃんと付き合うようになってから、日記書く気が全くおきなくなって(笑)そのうち書かなくなりました。

どんだけ病んでいたの私[exclamation&question]
って感じです。

私の場合

押し殺されたり、葛藤した心のモヤモヤのはけ口が日記だったようです。
内向とも言いますが…[たらーっ(汗)]あしながおじさん風のお手紙タッチだったり、好きな作家の文体をまねたり、長い長い詩だったりと作風([exclamation&question])をかえながらずっと続いていたのに、憑き物が落ちたように書かなくなってしまいました。



それ以前も人に読んでもらう文章もずっと書いていましたが、
それからは、こと意識して書くようになりました。

旅行雑誌で賞をいただいたのもこの頃です。



だから、ブログという形態はホントに私にとっては楽しくて仕方ないカタチです。




「男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなり」

平安時代、紀貫之は自分を女性に仮託して「土佐日記」を書きました。
仮名文字で。

貫之はこの日記を自分自身の忘備帳として書いたのではないでしょう。

「男も書くと聞いている日記というものを女である私も書いてみようと思って書くのだ。」
という冒頭の一文からして、貫之が読み手を意識しているのがわかります。

私にとってのブログも多分そんな気分。
madamMという語り手によって紡ぎだされる私の一部。
それは私の一部であるけれど、また総体でもあるのでしょう。



4年目に突入しての和歌に何を選ぼうかと思ったのですが
素直に好きな歌を選んでみました。

「古今和歌集」の「詠み人知らず」から


紫の ひともとゆゑに 武蔵野の 草はみながら あはれとぞ見る (愛する紫草が一本あるために、それが生えている武蔵野の草は全部愛おしく思われる)

ここから「紫のゆかり」という表現が生まれます。

何か一つ愛おしいものがあると、人は優しくなれます。
それに関係する全てのもの、ことを大切に思えるようになります。

私にとってのあてなるもの
キモノ・コモノ・ブンガクを通して皆さんとつながっていきたいと思います。



また一年どうぞよろしくお願いします。






そうそう、12年間書き続けたに日記は
ぜーんぶ焼いちゃいました[どんっ(衝撃)]
全然惜しくなかったです[わーい(嬉しい顔)]

過去は全部今の自分の中にあるからいらないって思った記憶があります[ぴかぴか(新しい)]














nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。