So-net無料ブログ作成

文化祭にアンキモで乗り込む [着物]

娘から学校には着物で来ないでね!と厳しく言われていたわたし。
中学校の時は、吹奏楽部の演奏会にはかろうじて許しを得て
それでも、気を遣って(←え?)紬とか着て行ってました。
高校は、そもそも自転車通学という場所的な問題もあり
今まで着物で行ったことはなし。


このままでは、卒業式まで着物で行けないわと
行ってしまいました~♪しかもアンキモで。


DSC_0222.JPG


地色が地味だから良いかな?と思った夏秋の花単衣。
これならワンピース感覚だわと。

え?違いますか?


この姿で娘のクラスのアトラクションに参加(笑)
娘は絶賛シフト中で、餃子を屋根から落としていました。
(SPEC見たことないと何のことか不明ですね)
娘の友人たちにも沢山あって「おお~[揺れるハート]」と意味不明の歓声沢山いただきました。

帯は蜻蛉の絽。黒緑赤の配色が絶妙です。

DSC_0224.JPG


帰りに近所のアジサイの綺麗なお寺で着姿は撮影しました。

DSC_0225.JPG

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

高校生活最後の文化祭 [記憶しておきたいもの]

娘、高校生活最後の文化祭でした。
娘の通う高校は、行事に青春の全てを注ぐ伝統のある学校で[ぴかぴか(新しい)]
娘もそこに魅かれて進学を決めました。


朝4時半に起きて予習をやり7時半には登校して準備。
夜7時頃まで準備して、学校でおにぎり食べて大急ぎで予備校。
自習室で勉強して帰宅すると
へろへろなのに仕事持ち帰り。
そんな日が一か月も続いていました。



クラスの出し物はクラス内で案を出し合いコンペをして
プレゼンしたそうです。


娘たちのグループの提案したSPECは認知度がかなり低かったらしいのですが
プレゼンで勝ち、必然的に娘は中心グループに。

しかも、この学校、
3年生は自分のクラスを3分間のCMにすることになっていて
放送部のいない娘のクラスは、そのCM作りも娘たちに任されることに。


放送部が全国大会に行ってしまうような学校です。
だからこそ文化祭の出し物CMなんて企画もあるのでしょう。
娘も放送部の作った学校説明会のVTRにすっかり魅了されて進学決めたほど。

CMのクオリティーも下げられない[あせあせ(飛び散る汗)]

ビデオ撮って、短くコマ割りして
音を重ねて、テロップ入れて。
書けば簡単なのですが、パソコンにも音響にも素人の高校生が初めてやる仕事。
でも、素人ゆえに、できるかできないかではなく、自分たちのイメージをそのまま3分にしたようです。
自分たちが映画館で見ている予告CMのようなカット割りの凝ったものを作りたかったようです。


パソコンの機種が違うだけで再生できなかったり
音と映像が微妙にずれたり
毎晩毎晩帰宅してから修正を重ねて
作ったCMはさながら本物の映画予告のようでした。
(まあ、もはや客観的には見られないのですが)

そして企画作りから内装外装までギリギリの毎日を経て
作り上げたアトラクションは好評で
30分以上待ちのうえ、沢山のリピーターも来てくれたそうです。


DSC_0223.JPG


DSC_0230.JPG



高校最後の文化祭、燃え尽きるまで頑張ったようです。



この頑張りが勉強につながる…かな?









nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨入りネイル♪ [ネイル&コモノ]

梅雨に入ったので、元気が出るネイルにしてみました♪

水玉だけど、雨っぽい感じにはなりませんでした[雨][晴れ]

DSC_0200.JPG



リングは去年表参道のドログリーでSALEになってたお酢入り!のボタンにパーツを貼ったもの。
下の白い金属金具がっちょっと大人っぽいかな~。


もうひとつ。


DSC_0201.JPG


こっちはお気に入りのブレスです。
これもドログリーのパーツをスワロでつないだだけ。
すっごく好きなお花パーツなので
ピアスとネックレスもお気に入りでよくつけています。


こうやって見てみると今回のネイルは、好きな色でまとめたってことですね。




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

川内倫子写真展へ~キモノ [着物]

東京都写真美術館は恵比寿ガーデンプレイス内にあるので
写真撮影には絶好の場所のはずなんですが

人も多いし、なかなか良い立ち位置見つからずうろうろしてしまいました。

で、この日のキモノ。

DSC_0190.JPG


うろうろした挙句、曲がってる~(笑)

この日もブルーのキモノです。
先日の百合も時期限定ですが菖蒲はもっと限定ですね。
この着物もとは袷だったのですが
着る時期考えると単衣だろっていうことで、
これも和裁士のMさんに直していただいたのです。


DSC_0191.JPG


帯は先日のアンティークフェアーで締めたLUNCOさんで購入した着物を解いて仕立てたもの。

TSURUさんに帯留が見たい~とリクエストいただいたので帯留のアップもしてみます。

DSC_0195.JPG


この花なんでしょう?
芙蓉のようでも牡丹のようでもあるのですが
葉っぱの感じが違うんです。

パロット咲きのチューリップかも?

わかる方いらしたら教えてください。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

川内倫子展 「照度 あめつち 影を見る」へ [お出かけ]

川内倫子写真展「照度 あめつち 影を見る」を見に東京都写真美術館に行ってきました。

川内倫子は、少し前、テレビ番組で紹介されているのを見てて、
ちょっと面白いな~と。
情緒や意味のない
人のほとんど写し込まれていない写真に興味持ちました。

今回写真展やることを知って
夫ちゃんが行きたいというので二人でおでかけ。

DSC_0193.JPG


写真集「Illuminance」6×6のカラー写真、+新シリーズ「あめつち」は4×5の大判カメラ、「影をみる」の写真と動画(スライドではなく動画)は見ごたえがありました。

写真美術館の冊子eyesからの抜粋を載せますと



【写真を撮ることで、時間や記憶の束縛から解き放たれたいということでしょうか】

写真を撮るときは、その一瞬に集中するわけですが、そうすると過去も未来もなくなるように感じる。その瞬間に集中できることが喜びだし、救いだし、自分がクリアになる、もしくは自由になれる瞬間。だから、写真集を作る時にも、時間や場所が特定できる要素はすべて取り除いて構成しています。


以前に【ブンガク】でかいた「スティルライフ」のスライドを思いだします。

「影を見る」のブルーグレーの空を黒い鳥の群れが横断する動画
壁一面に映し出されるこの映像を見ていると
自分が地球の一部になっていく感じがします。

2画面に連続して写し出される映像は70分にも及ぶ。
光であったり、雨であったり、虫であったり。
それを見ているときは何も考えない。

学生とかで、平日ぼーっと思考を止めて見て一日すごしたりできたらいいなと思いました。

これ、あと何分なんだろうとか考えちゃダメですね。



川内倫子展 照度 あめつち 影を見る  @東京都写真美術館 7月16日(月)まで

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6月最初のキモノお出かけ [着物]

今年度、またもや金曜日お休みで連休のない私。

しかも…木曜日もれなく残業Dayになってしまい金曜日はなんだかぐったりしてました。

6月全然着物着てないな~と思ってはいたのですが雨降りだったりもして
ずるずると半月たってしまいました。

梅雨の晴れ間の金曜日、やっと着物でおでかけしました[ぴかぴか(新しい)]

といっても、お昼すぎてからの「キモノ着たいだけでしょ」おでかけでした[るんるん]



DSC_0160.JPG


着物は大江戸骨董市で小さいの承知で買って和裁士のMさんにお直ししていただいたもの。
それでも身幅も小さいし裄も短め。
お直しはホントに愛ですよね~。
お金かけてもどこまでできるかっていうことにもなります。

でも、この百合柄はお気に入りで、この時期に着たい!(っていうか単衣で百合だからこの時期しか着れない)と。


DSC_0192.JPG


帯は縦絽の絽縮緬千鳥の端切れからのつけ帯。

青×青です。くどいかな~。
白とか黄とかあるいはピンクとかの帯をホントはあわせたいところ。
ただ花のキモノに花の帯は避けたいので難しいところなのですが。

帯留めはTURU SHOPで購入したヒスイで、さわやかに。

あと半月で何回着れるかな~。





タグ:単衣
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

今月のネイルは虹魚 [ネイル&コモノ]

梅雨に入る前、さわやかでしゅわしゅわ~っとした感じにしたかったので

マスカットグリーンにオーロラを重ねたら

絵本「虹色のさかな」みたいだなって思った。


DSC_0153.JPG


グリーンパールとアクアマリンとブルートパーズを5連にして。

DSC_0154.JPG


来月は雨のイメージで。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

新宿アンティークフェアーへ [着物]

久しぶりの更新になります。

先週新宿アンティークフェアーに行ってきました。初日の金曜日に出かけた友人が
すっかり西洋アンティークフェアーになっていると言っていたので
そのつもりで出かけたのですが、
やはり友人の言葉通りでした。

ただ、幟屋さんが今回の催事と次回の骨董ジャンボリーで
催事への出店を卒業されるというお手紙をいただいたので
ごあいさつに伺わねばと足を運んだのです。

私は幟屋さんとはそんなに長いお付き合いではなかったのですが
私の周りのアンキモ友人たちは皆さん長~いお付き合い。
そういえば
田中翼さんもかつては幟屋さんで買われていたとか。

ぽつりぽつりと辞められる方が出てきて
寂しい限りです。

ファストファッション全盛の時代
浴衣もユニクロでワンセット3980円の時代

アンティーク着物もなかなか出てこないとか
求めている方にもキビシイ時代です。


今回は数少ない和骨董のお店で小物と
幟屋さんで、ずっと悩んでいた着物買ってしまいました。



この日の着物は蕗の単衣。
大胆な色柄なので「洋服の生地?」と聞かれたほど。
この時代のモダン感覚はスバラシイ。

DSC_0147.JPG


帯は、去年このフェアーでLUONCOさんで買った着物を解いて仕立てたもの。
LUNCOさんに見せたかったのですが、出店されていませんでした。

DSC_0149.JPG


帯が流水なので帯留には金魚。
この帯留ヘビロテですね。でも、夏の金魚のキモノや帯には合わないんで今限定かな。

DSC_0148.JPG


この日から仕事に追われて、全く着物の着られない日々…。

単衣を消化できるか私。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。