So-net無料ブログ作成

中之島きものいちTOKYOへ

中之島きものいちへ行ってきました。

DSC_0970.JPG


初日は仕事で行けず、アンキモで行かれた皆さんの報告を指をくわえて見ていただけ。
二日目の日曜日はあいにくの雨模様だったので

お洋服でお邪魔しました。

会場は今回高田馬場の一軒家「もくれんげ」さん

DSC_0969.JPG



風情のある西早稲田の細道を散策気分で歩けました。

夫ちゃんもお供だったので、
私が見ている間近所を撮影して回っていました。
諏訪神社や古い昭和な強引洋風家屋を撮っていたようです。

各部屋ごとにお店が分かれての出店です。

DSC_0966.JPG


DSC_0967.JPG


今回はCHOKOさんの帯揚げ購入。

そして帰路池袋で下車してドログリーでビーズ購入[ぴかぴか(新しい)]

DSC_0971.JPG


池袋に下車したので東武百貨店で開催中の「亜土ちゃん展」も見ちゃいました。

DSC_0965.JPG


亜土ちゃん[ぴかぴか(新しい)]懐かしい~。色合いが可愛い~。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

アメリカすげぇの感想は… [お出かけ]

ナショナルギャラリーのある、モールと呼ばれる緑地帯の記事は先日書きました。

ここにはスミソニアン協会のミュージーアムが14館並んでいます。

そもそも、スミソニアンって誰?なんでアメリカに遺産を譲ったの?と同僚とも話をしたのですが
実はジェームス・スミソニアン氏はイギリス人。
一度もアメリカを訪れたことなく亡くなっています。

イギリス人科学者スミソニアン氏は科学者として人類の未来を信じ、
スミソニアン家の財産のすべてをスミソニアン協会としてアメリカ合衆国に贈ったのです。

1846年にスミソニアン協会が設立され、それから止まることなく進化しつづけるスミソニアン。
2015年にはアフリカ系アメリカ人の歴史と文化が専門のミュージアムが開館するそうです。

しかもナショナルギャラリー所蔵の美術品のすべては寄贈品か寄付金で購入されたもの。
スミソニアンの意志に賛同した人々の意志が
この壮大なモールに立ち並ぶミュージアムとして形になっている。


これが私が最も強く感じた

アメリカってすげぇ

でした。

人間の力を100%信じているとろが…。


そうそう
国立自然史博物館にもちょっと寄りました。

ナイトミュージアム2の舞台にもなりましたね。

ここでの動物たちは生きているかのような剥製[exclamation&question]

P1050771 (400x300).jpg


もいますし

世界最大のダイヤモンド「ホープダイヤモンド」

P1050768 (400x300).jpg


映画「タイタニック」でも引用された45.5カラットのダイヤモンドです。

これはハリー・ウインストンのコーナーに
マリーアントワネットのしずく型のイアリングなどと共に展示されています。
鉱物から宝石に至るまでの歴史にわくわくします。

こんなところもすげぇ。


おもしろいところでは…

モール内の緑地にはリスの姿が多いのです。

P1050720 (400x300).jpg


ハンバーグを食べている人に近づいてきます。
ポテトをねらっているらしい(笑)
シッ!シッ!とリスを追い払うって信じられます?



あとはですね…。

アメリカ人すげぇと思ったのは味覚…。

P1050661 (400x300).jpg


P1050662 (400x300).jpg


ありえない甘さの菓子[むかっ(怒り)]

まあ、日本以外の国の菓子はだいたいそうですけど…。


というわけで、色々な意味で「アメリカはすげぇ」と感じた一週間でした。



こんな風に楽しく記事書いていると、なんだか仕事してないみたいですが

ちゃんと仕事はしてましたので(笑)









nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナショナルギャラリー [美術館]

ワシントン滞在中、少しのフリータイムがとれたのでナショナルギャラリーを満喫しました。

今回色々な場面で「アメリカすげぇ」という単純な感想を持ったのですが

ナショナルギャラリーでも

イタリアのウフィツィ美術館でも、フランスのルーヴル美術館でもなく

アメリカにコレもコレもあるなんて…アメリカってやっぱすげぇ[exclamation×2]

という感想を抱きました。

それから、海外の美術館は撮影もOKですし
ゴッホでもマネでもわんさかわんさかと、そっけなく展示されていて、
人だかりもなく
ソファに座ってゆっくり絵画を堪能できます。

P1050756 (300x400).jpg


DSC_0952.JPG


DSC_0947.JPG


だから、絵葉書のような写真をばかみたいに撮ってしまうのですよね。


イタリアルネッサンスを代表するレオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ピリッポ・リッピ、フラ・アンジェリコ、ボッティチェリ…。

大好きなボッティチェリ。

P1050747 (400x300).jpg


絵画の中に自画像を描きこむナルシスト(笑)

そしてこの方[揺れるハート]

ジュリーアーノ・デ・メディチの肖像

P1050745 (400x300).jpg


花のジュリーアノ[揺れるハート]
ピッティ家の陰謀によって暗殺されたメディチ家の二男。

その兄ロレンツォ・デ・メディチ[ぴかぴか(新しい)]

P1050751 (300x400).jpg


兄はいかつい!!!

ここでお会いできるなんて思ってませんでした[揺れるハート]

それからやっぱり大好きなモディリアーニとマチス

DSC_0954.JPG


DSC_0955.JPG


レンブラント、フェルメール、ピカソetc

アメリカ…すげぇな~。














nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

着物でワシントンDC [着物]

高校訪問の後ガイドさんと共にワシントンの市内を少し観光。

ワシントンDCの観光の中心は、モールと呼ばれる広大な緑地帯。
国会議事堂からリンカーン記念館までの4キロのまっすぐな道路と緑地のエリアに
数々のスミソニアンの博物館とワシントン記念塔があります。


国会議事堂前は、まもなく始まる大統領選にむけて工事中。
このステージで大統領が演説し、ここからペンシルバニア通りをパレードするのだそう。

P1050806 (400x300).jpg


ちょうど滞在中、大統領選前最後のオバマ氏とロムニー氏のディベートを生で見ました。


P1050832 (400x300).jpg




ホワイトハウス。こちらは裏手。
ガイドさんと歩いていたら「日本人の方ですか?」と日本人らしき人に声をかけられ
一緒に写真撮ってくださいと頼まれました。
現地日本人とまちがえられたのかも[たらーっ(汗)]

P1050814 (400x300).jpg


そしてモールの西端のリンカーン記念館。パルテノン神殿ではありません(笑)


P1050827 (400x300).jpg


この北の壁に例の「that government of the people,by the people,for the people」の文字が刻まれています。

そして、ここで20万人の大衆を前に、マーチン・ルーサー・キング牧師が「I have a dream」の名演説をしたという言葉が刻まれています。

P1050821 (400x300).jpg


そしてリンカーン記念館に向かい、立つと後ろにはワシントン記念塔が。

P1050824 (400x300).jpg


この階段を上り、着物ですたすた歩きまわる私にガイドさんもビックリしてました(笑)

P1050819 (400x300).jpg


ホテルの部屋から撮ったワシントン記念塔です。

P1050696 (400x300).jpg


石造建築物としては全米一の高さ169.2メートルの高さ。
ワシントンDCでは1899年以来これ以上の高い建築物を建てることは禁止されているので
こんな風景になります。

日本のスカイツリーもこんな風に外国の人には写るのかな?

そして同じくホテルの部屋からのダウンタウンのビル群。

P1050694 (400x300).jpg


なんかアメリカっぽい~。

観光客は沢山いましたけど、着物姿は私一人でした[ぴかぴか(新しい)]

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカの高校を着物で訪問 [着物]

今回の仕事のメインはアメリカメリーランド州の高校の視察訪問。

第二外国語として日本語を学んでいる授業のある高校訪問でした。
この出張が決まってすぐ訪問先には着物で行こうと決めていました。

ただ…

まさかアンキモで行くわけにもいかず
訪問着的なハレの着物はそぐわないし
かといって
渋すぎる着物でも日本の美がなかなか伝わらない。

アメリカの高校生が「OH~!!キモ~ノ!!」って思ってくれるものにしたい。
でも、旅先の朝早い時間に手際よく着つけれられるものにしたい。

で、選んだ着物はたきこさんから譲っていただいた龍の丸文の白大島
帯はきらら着物フリーマーケットでも締めた、モダンなモスグリーンのボトル柄

80人ほどの日本語クラスの学生さんたちは目をキラキラさせて喜んでくれました。

日本語クラスの学生さんは、お母さんが日本人という人もいますし
中国系のアメリカ人で日本語を学んでいる人もかなりいました。
そしていわゆる白人や黒人、ヒスパニック系のアメリカ人で
東洋や特に日本に興味があって日本語を学んでいるという人。

P1050791 (400x300).jpg


国籍も肌の色もそして異年齢クラスということで、学年もバラバラです。

でも皆さん日本や日本語にとても関心を持っていらして
私がホールの後ろの扉から入ってきたところ
多分、初めて見たのでしょう、着物姿にどよめきと歓声が。

最初からずっと釘付けで見ていてくれて、ハイテンションで全体の挨拶をしてくれたジェルミ君
彼の名前だけはすぐ覚えました(何故かはわかる人にはわかりますよね[わーい(嬉しい顔)])
最後に二人で写真を撮ってほしいといわれてツーショット

P1050805 (400x300).jpg


高校生です(笑)日本のアニメが大好きなんだとか。

P1050803 (400x300).jpg


初めて見る着物に「So Beautifull[ぴかぴか(新しい)]」を連発してましたが、そのうち「KAWAII~[ぴかぴか(新しい)]」って言ってました(笑)

女の子もこんな感じ。

P1050802 (400x300).jpg


興奮気味に「い…い一緒に、写真撮ってくださ~い」(多分)
「え~どうしよう、着物かわいいわっ!So coolですっ!かわいい、写真嬉しすぎるっ!」(多分)

っていう学生さんたちのリアクションに、着物着てよかったと思いました。

でも、コーディネイターの先生が授業になって「自由に好きな教室をのぞいてください」と言われて
一人勝手に校内をふらふらしていた時はホントに大変でした[あせあせ(飛び散る汗)]

あきらかに日本から来た着物姿の日本人がうろうろと教室を覗いてる…。

何回「May I help you?」と聞かれたことか[あせあせ(飛び散る汗)]

何番教室に行きたいの?何先生の教室に行きたいの?

いえ~勝手に自由に授業覗かせていただいてるだけなんですぅぅぅぅ~[あせあせ(飛び散る汗)]

あ、私英語全く話せません[もうやだ~(悲しい顔)]

仕方がないので「13時半に一階のカフェテリアで待ち合わせをしているんだ」と言ってみるものの
カフェテリアの発音が悪くて通じず[バッド(下向き矢印)]
学生がランチをするところで会う約束をしていると言ったらやっと通じて
「あ~あなたが言っていたのはカフェテリアね~[ひらめき]カフェテリアならこっちよ案内してあげるわ~」

と最初に別れたカフェテリアに再び連れてこられ…

漫画みたいな私[ー(長音記号1)]


第二外国語として日本語を学んでいるのはやはり少数派で
一番多いのはスペイン語、そしてフランス語やドイツ語だそうです。

だからすれ違う学生さんたちも、ちょっとびっくりしていたみたいですが
さすが多国籍文化の国
気軽にずい分声をかけていただきました。

汗かきながらも楽しいひと時でした。

またこんな機会があったら、浴衣持って行ってあげたいな~とか思いました。








nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

NASAに行ってきました [お出かけ]

仕事でアメリカに行ってきました。

海外には幾度となく行っているものの、実はアメリカは初めてでした。
アメリカにはあまり興味なかったのですよね…。
歴史がないからかな。
イタリアルネッサンスやフランスロマネスク・ゴシックはメチャメチャハマって
本を読みまくって、勉強したのに…。

でも仕事でなければ行く気がしなかったアメリカも

行ってみれば興味深くて、
たとえ仕事であっても、海外に旅する楽しさを思い出しました。

今回少し旅のあれこれ書いてみます。
なんと、着物ネタもあります[わーい(嬉しい顔)]

まずはNASA
ヒューストンからバスで一時間ほど、途中からNASAへの専用高速を走らせると見えてきます。

広大な敷地。平らな地。
平らだからこそ
ここでスペースシャトルが打ち上げられたのですよね~。

入口を入ると子供が自由に遊べる、屋内型のちょっとした宇宙テーマパーク遊園地になっています。
デパート屋上レベルの(笑)乗り物があったり
大型スクリーンの映像でNASAの宇宙開発の歴史が学べたり
月の石にさわれたりもします。

DSC_0946.JPG


もちろんNASAの研究機関はその奥のゲートの先。
そちらはトラムのツアーで見学が可能です。


宇宙飛行士訓練センターや
ミッションコントロールセンターも見学できます。

DSC_0947.JPG



DSC_0948.JPG


ミッションコントロールセンターはテレビなどで一度は見たことのあるところですよね。
今はスペースシャトルが終了して使われていないのですが
右側のスクリーンの映像はリアルタイムの宇宙ステーションの画像なのだそうです。

宇宙飛行士と直接話ができる権限を持っているのは
席に国旗がついているたった一人なのだということや
今後は火星探査のミッションの準備が進んでいることなどの説明を受けました。



そして、アポロ計画のサターンファイブロケット。

格納庫はこんな感じ。

平らで広大な敷地の感じをつかんでいただけるでしょうか?

DSC_0950.JPG


そしてサターンⅤ型ロケット


DSC_0949.JPG



本物の迫力に圧倒されました。

アメリカすげえ~。っていうのがホンキの感想です(笑)


私ホントに、行くまでロケットとか興味がなかったのですが

帰りの飛行機で「宇宙兄弟」真剣に見ちゃいました[わーい(嬉しい顔)]

宇宙への人類の希望や挫折


あくなき前進のアメリカをこの日感じました。







タグ:NASA
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

着物でパスポート写真 [着物]

予約投稿にしてありますので、この記事が出るころはアメリカにいます~。

仕事で一週間ほど滞在してきます。


DSC_0892.JPG



免許に続いて、パスポートも着物写真にしました[ぴかぴか(新しい)]

最初撮った時はもう少し下まで写っていて、刺繍半襟がバッチリだったのですが
パスポートセンターで、無残にカットされてしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]

皆さんもお気を付けください~。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いよいよ「のぼうの城」公開 [いいモノ見つけた]

浦和のPARCOの一階で「のぼうの城」の衣装展示を行っています。
DSC_0888.JPG


この映画、水攻めのシーンがあるため、
3・11の地震による津波被害に配慮して上映が延期されていたのです。

やっと11月に封切りになるのだそうで、埼玉県が力を入れています。

DSC_0890.JPG


衣装とか

DSC_0891.JPG


絵コンテや台本

DSC_0889.JPG


こんなモノも見られます。

入ってすぐのスペースに展示されていて、
私が通った時は、隣でムーミン展やっていたので、そちらに人だかり[あせあせ(飛び散る汗)]

まあ、衣装も姫様じゃないから地味だわ。

この作品の舞台「忍城(おしじょう)」は埼玉県の行田市にありまして
本を読んだ着物友達と
着物抜きで遊びに行った思い出の城[るんるん]記事は→ コチラ


昨日、大人になってからの友人の記事を書きましたが
この友人たちも、着物着なくてもの大切な友人[揺れるハート]





タグ:のぼうの城
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋を感じた日 [お出かけ]

先週末、友人に会いに軽井沢まで行ってきました。

DSC_0884.JPG


軽井沢はもう秋本番。紅葉も始まって、落ち葉を踏む足音がしました。

DSC_0883.JPG


DSC_0885.JPG


このブログでは珍しくキモノ以外の友人の写真載せます。

素敵な暖炉のあるレストランで

楽しく語り

笑い

幸せな気分で帰路につきました。

DSC_0887.JPG


着物友達もそうですが、

○○ちゃんママというくくりでない、
○○さんの奥さんというくくりでない

大人になってからの友人はホントに大切[ぴかぴか(新しい)]

だって、

住んでるところとか
年齢とか

まったく関係ない「私」の友人ですもの。


自分で友人になりたくて、手を伸ばした友人ですもの。



それって



素敵でしょう?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

きらら着物フリーマーケットのキモノ [着物]

今回天候が悪かったので、スタッフのキモノ画像をほとんど撮ってなかったので

私の着物姿と、おなじみツーショットだけのせておきますね。


DSC_0878.JPG


私は黄とフーシャピンクの菊着物。縞が大きな菊の葉になっているモダン柄です。

ちょっと耳隠し風(あくまで風)にサイドに髪を寄せてみましたら
私、丸顔になって、意外と古典的な顔になりましたね。
母に似てる!

DSC_0879.JPG


帯はボトル柄。

ここで同じく強めのドカンとした花の刺繍帯を合わせるのがアンティーク風なのですが

ちょっとアダルト路線のモダンを目指してみました(笑)


DSC_0881.JPG


アダルトといえば…

お久しぶりのつるさんとのツーショット[ぴかぴか(新しい)]

相変わらずのお美しさです。

そして、相変わらずの垂涎の帯留~[揺れるハート]
素敵過ぎです。


DSC_0880.JPG


可愛い~と声がかかっていたまこもちゃんとのツーショット。

モヘアのベレー帽からのコーディネイトだそうです。
フアフア感がまさにまこもちゃん[黒ハート]

アンティークでも、その人の個性が押し出されてくるな~とこの日もつくづく思いました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。